グアムで人のやさしさに触れました

私の初めての海外旅行は新婚旅行で行ったグアムでした。
これから旅行だというのにお互いの現金を見てびっくり。足りません。
ということで、空港でキャッシングしました。本当に助かりましたね・・・。
(※空港キャッシング

海外旅行は初めてだったので、入国の審査も緊張したのを覚えています。
夫が隣の列に並んでいたので新婚旅行で来たとの説明をしたようで職員とこちらを見て話していて、私は特に細かく聞かれる事もなく入国できました。

グアムに入ってしまうと日本語がかなり通用するので言葉で困るような事はありませんでした。
ただ、私はチップの支払い等が初めてだったのでどのようなシーンでどれぐらいの金額が必要か等がわかりませんでした。
とりあえず外出時には部屋のシーツ交換などをしてくれる人の為に枕の上に置いて出ていました。

そんな中自分達で選んだツアーでプライベートビーチのような所に行ったのですが、そこの職員のようなおじさんがとても親切な方で折り紙で変わった物を作ってくれたり、綺麗な貝殻を拾って持ってきてくれたりしました。
頼んでなかったので正直びっくりしたのですが、貝殻も綺麗で楽しませてくれたのと知識かなかったのでチップを渡さなければいけないのかと迷っていました。
けれど、そのおじさんは次々に違うテーブルで休んでいる人達の所に行き同じようなサービスをしていました。
そしてチップを渡そうとしている人に好きでやっているからと断っていました。
チップを渡すという文化の違いからチップを目的に行っていると少しでも考えた自分を少し恥ずかしく感じたのと、そのような温かい優しさに嬉しくなりました。

そしてその当時は自撮り棒等という物はなかったので、夫と写るように一生懸命に手を伸ばして写真を撮ろうとしていると回りにいる人が次々に撮るよと言ってくれました。
日本だと、頼めば誰でも嫌がらずに撮ってくれるような雰囲気ですが、自分達から撮るよという人は少ないように感じます。

国が違うと人の接し方は全く違うけれど、日本とは違う温かさがあるのだなと思ったのを覚えています。
それ以来英語が苦手な事は変わりないのですが、外国人の人を見てむやみに警戒したりする事はなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です