開業したてのクリニックでワキ脱毛をしたことがあります

今からもう10年以上になります。
大学病院で医局長をされていたドクターが個人で開業されるのを切っ掛けにクリニックに通うようになりました。

婦人科と内科に加えて、アンチエイジングを意識した皮膚科的治療もされるということで、興味がありました。

さっそく開業して間も無い南森町レディースクリニックを訪ねました。

ドクターに脱毛するなら何処からがオススメかと尋ねると、即答で「ワキは脱毛しておいたら絶対ラク!」という返事がきました。

エステサロンのような白くて清潔感のある処置室です。
ドクターが他の受診者さんを診ている間、リクライニングした診察用の椅子はマッサージ器になっていて、背中を揉みほぐされ良い気持ちでした!

ドクターの軽い問診の後、ワキの脱毛について詳しい説明を受けました。

それは脱毛完了までにかかる日数や料金のことも含めて。
また安全性についてもメリットを詳しくお伝えしてくださいました。

それまでは主にカミソリで自己処理していたので、長さは無かったのですが、レーザーでの脱毛の前には短くしておくのが望ましいとのことでした。

カミソリ処理は問題無いのですが、ムダ毛を抜いてしまった後だとレーザーの効果が無いらしいです。
それは、レーザーが毛根のメラニン色素に反応してムダ毛を処理するから、抜いてしまっていては反応しないとのことなのです。

ですから、一度でも抜いたら次に毛根再生して生え始めるまで、約50日ほど経ってからしかレーザー脱毛の処置は受けられなということでした。

私の場合は、50日間隔で3回レーザー処置しました。
これで、ほぼムダ毛は生えてこなくなりました。

脱毛の間というのは、ワキに冷風を当てながらレーザーでパチパチと照射していくのですが、
さほど熱さは感じず、何となくコンパチで小刻みに小突かれているような感覚です。
ピチピチと軽く痛い様な、でも我慢できないほどでは無いです。

一回の処置で片脇レーザーを100スポット以上照射。処置中は少し焦げた匂いがしました。
髪の毛を燃やしているのと同じ匂いです。

処置が終わった後も少し冷却して肌の赤味をクールダウンします。

この時のレーザー処置の料金は両脇で一回9千円。
私は3回通いましたので2万7千円で永久脱毛できたことになります。

説明では、永久脱毛といっても絶対1本も生えてこないという保証はない、と言われましたが、数年後に薄ーく生えてきた毛は、殆ど肉眼では至近距離でしか見えない程度の細い毛でした。

最近またクリニックに行く機会があったのですが、夏のシーズンはワキの脱毛も少し価格を下げてサービスしてくれているみたいです。

この次は、脚の膝下にトライしてみたいです。

私の妹が北九州に住んでいるんですが、この話をしたら脱毛をしてみたいと言っていました。
北九州市小倉で医療レーザー脱毛が受けれるクリニックを紹介します、というサイトがあったので、教えてあげました。
本当に、永久脱毛は楽だし、お勧めです!

少しはマシになりたいのだけれど

現在、看護師をしています。

私、悩んでいます。
いわゆる「適正体重」よりも1キロオーバーですが、すごく太っているというわけではありません。
でも、昔からどんなに体重を減らしても、お腹がぽっこりと前に出ているタイプです。

グラビアアイドルのようにぺったんこのお腹で豊満なバスト、ならいいのですが、バストはそこそこあるもののお腹がぽっこりなのです。

だからビキニなんてとんでもありません。
水着はいつもパレオのついた「ぽっこりお腹を隠すデザイン」のものを選びます。

お腹が前に突き出した「幼児体型」なので、油断していると立っているときに、お腹が前により突き出した感じになります。
ふんわりした感じのチュニックを着ていて、電車で立っていたら、妊婦さんに間違われて席を譲られたことがあります。
せっかくのご厚意に「違いますから」というのも恥ずかしかったです。
何より、せっかく譲ってくださった人が申し訳なさそうで、まわりの雰囲気も、なんとなく気まずかったことが余計に恥ずかしいのでした。

洋服を選ぶときに、なんとなくお腹を隠すようなデザインを選んでいたために起こったことでした。

このことからもはっきりするように、気をつけて引っ込めていないとまるで妊婦さんのようです。
体重が、適正体重以下になってもこの体系は変わらないので、仕方ないとあきらめています。

体型補正用の下着を使うことも考えました。
調べてみると、何十万もするんです。
この際思い切って買ってみようかと思うんですが、お金が無いし、コンビニのATMでもお金を自由に借りることができるらしので、利用してみようかとも思っていました。
≪ 気になる方はコチラ ⇒ 貸し入れとは ≫

でも、コルセットなどは締め付けがつらくてすぐにあきらめてしまいました。
締め付けにより、血行が悪くなって生理痛が起きたりしたこともあります。
夏は汗をかくので大変だったのでした。

唯一できる方法として、出来るだけ背筋をしっかりと伸ばして立つことを心がける。
座るときも背もたれは使わず、基本的に背筋をのばして座るということに気をつけています。

こうするとお腹も引き伸ばされるせいか、まともに見えます。
でも、ちょっと疲れていたり油断するとすぐに忘れてしまうので、本当に用心が必要なのです。

後は筋トレをしたりして、姿勢を支える力をつける努力をしています。
お腹が小さくなるものではありませんが、背筋を伸ばして過ごしていても疲れにくくなるためです。

今のところ、これが一番いいかなと思っています。

やはり看護師の仕事は大変だなあと思います

甥が看護師をしているので、いつも看護師というのは大変だなあという感想を持っています。

最近の求人情報をみると一番先頭に看護師の求人がずらりと並んでいることがあります。ああいうのをみると看護師はどの病院

も不足しているんだなあと思います。

大きな病院ほど求人広告を出しています。
私の甥も市民病院に勤務しています。ですから安定しているわけですが、どうもかなりナーバスになっているようです。男性の

看護師は少なく女性の多い職場ですから、なにかと神経を使うことが多いようです。仕事もハードで夜勤もありますから、体調

管理も大変なようです。

甥は結婚適齢期も過ぎようとしているので早めに結婚したらと思うのですが、職場の女性は気が強いからと敬遠気味です。

はためからみても、看護師の収入は悪くないようですが、なかなかハードで大変そうです。甥も体を壊さなければいいがといつ

も心配しています。